スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気物件のスペック診断【マインループ:その1】 

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日、「スペック診断」で取り上げて欲しい物件を募集した際に

ご応募いただきました「マインループ 」をとりあげます。


立地は、2005年に開通したつくばエクスプレスの「八潮」駅前です。

ご応募いただきましたAさん(実名でご応募いただきましたので

プライバシー保護の観点から仮名とさせていただきます。

なお、「スペック診断物件」の募集は現在も引き続き行っていますが、

ご応募いただく際には実名でなくハンドルネームでも結構です。)、

ありがとうございました。


では、早速。

診断する材料は、いつものように物件のHPに掲載されている

情報のみとします。


■用途地域 → 未確認

<コメント>

通常、「物件概要」のところに用途地域の種別が掲載されていますが、

本物件のサイト上では見あたりませんでした。

チラシには明記されているはずですから、

そちらでご確認ください。

もし商業地域、工業地域であれば、

注意する点があります。

詳しくは、こちら でご確認ください。






■性能評価書 → 設計性能評価:未確認
         建設性能評価:未確認



<コメント>
これもウェブサイト上では確認できませんでした。

性能評価書の有効性に関する議論をたまに耳にします。

評価機関がゼネコンなどと密接に関係がある場合があるからです。

しかし、それは性能評価書が実際の設計図書なり、建物なりを

正当に評価しているかについての議論であり、

性能評価書がなくてもいい、ということではありません。

性能評価書の有効性に疑問を差し挟む人たちの中には、

論理のすり替えを巧みに行っているように思えます。


■構造
 ・逆バリ工法か?     → No
 ・アウトフレーム工法か? → 一部Yes
 ・地震対策        → 非免震


<コメント>

一部の住戸を除いてアウトフレーム工法を採用しています。

アウトフレーム工法は、室内に柱の出っ張りが出てこないので、

スッキリとした空間が得られるというメリットが大きいので魅力的です。

ただ、このマンションのようにリビングルームなどに接するかたちで

バルコニー側の柱をレイアウトすると、

逆バリ工法は不可能になります。

梁がバルコニーへの出入りを妨げますので。

アウトフレーム工法でありかつ逆バリ工法であるためには、

柱を住戸から離してバルコニーに配するように

設計する必要があります。

逆バリ工法を採用するとなると、

柱がバルコニーへの採光を妨げる要因にもなる、

というデメリットもありますので、

逆バリ工法でないことが即マイナスポイントになるわけでもありません。

それよりも地震対策に関する明確な記述がないことの方が気になります。

コンクリートの水セメント比や基礎杭、スパイラル筋についての

説明はありますが、これらは標準的なことです。

この敷地は、内閣府による「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」によると

比較的揺れが大きいとされる地域です。

ですから、通常のマンション以上に地震対策がなされているのか、

要チェックです。

「表層地盤のゆれやすさ全国マップ」については、

こちらのページ にまとめてありますので、

よろしければご覧ください。



■天井高 → 未確認

<コメント>

マンションの購入を検討するとき、

どうしても間取り(平面)図に関心がむかいがちですが、

天井高のチェックも重要です。

住まいというのは、平面ではなく3次元の空間なわけですから、

面積だけでなく高さも要チェックです。

リビングであれば、2,550mm以上あるか否かが

見極める一つのポイントになります。




■遮音性
 ・戸境壁の遮音性   → ★★☆☆☆
 ・外壁の遮音性    → ★★☆☆☆
 ・サッシの遮音性   → 未確認
 ・上下階の遮音性   → ★★★☆☆
 ・水回りの遮音性   → 未確認


<コメント>

ウェブサイト上で確認できない項目もありますが、

遮音性には少々不安を感じます。

というのは、当物件は駅前の好立地に建つマンションだからです。

現在はさほど商業施設などが密集していなくても、

電車の到着時などには結構な騒音が予想されます。

となると、特に外部からの騒音に対する遮音性向上のためには

静寂な住宅地にあるマンションよりも一段上のスペックが求められるからです。

戸境壁のコンクリート壁厚が約180mm以上というのは、

悪くはありませんが、良くもない。

200mm以上は欲しいところです。

また下地を設けることでコンクリートとプラスターボードの間に

空気層ができてしまう点も気になります。

この空気層が音を増幅させて伝えてしまう可能性があるからです。

遮音性の観点からすると、コンクリート壁にビニールクロスを

直に貼る仕様が優れています。

こうしたことから少々厳しめですが、

☆2つという評価にしました。

外壁について、コンクリート厚が約125mm~180mmとありますが、

125mmという厚さが一部だとしても薄いなぁ、という印象は否めません。

プラスターボードの仕様は明記されていませんが、

厚さは9.5mmではなく12.5mmであってほしいところです。

また、サッシも一段と高い性能が求められる環境にあると思います。

ウェブサイト上では確認できませんでしたが、

最低でもT-1以上の仕様であるべきでしょう。

さらには通気口も要チェックです。

このあたりのことはこちら にまとめていますので、

よろしければご覧ください。

上下階の遮音性能については、

フローリングの性能が示されていない点が気になります。

また二重床が採用されているか否かもチェックポイントです。

水回りの遮音性についてもウェブサイト上に記載はありませんが、

プラスターボードが二重貼りなっているか、

販売員に問い合わせるなどしてご確認ください。

【上記は2006年1月29日現在のWebサイトに掲載されている内容に基づきます。また、数値などは正確であるよう に努めていますが実際と異なる場合もあり得ますので、購入を判断される際には必ずご自身でご確認のうえ、ご自身の責任でご判断ください。万一、当ブログの 情報に基づいて何らかの不利益を被られても当方は一切の責任を負いません。】

スポンサーサイト

しばらくは、本家へ。 

ごらんいただき、ありがとうございます。

本ブログの本家は、こちらとなっております。

デザインなどにおいて自由度が低いアメブロよりも使い勝手がイイという評判を聞いて

FC2ブログを利用し始めましたが、

私にとっては使いづらい点もあります。

新たに別のブログで展開するかもしれませんが、

今のところ本家のみの更新とさせて頂きます。

読まれる方にはご迷惑をおかけしますが、

よろしくお願いします。

週刊ダイヤモンド 

ご覧いただき、ありがとうございます。

既にチェックされた方も多いと思いますが、

いま発売の週刊ダイヤモンド1/21号で

マンション・戸建てに関する特集が組まれています。

タイトルは、

「失敗しない物件選び」。

見分けるポイントがいろいろと紹介されています。

私が最も注目したのは、

「信頼回復に向けチェック体制を強化するマンション大手」

という記事(p.40)。

このなかで、構造計算書偽造に対してどのような対策をとっているか、

各社の方針が書かれていますが、1社のみ驚くべきコメントを発見。

それは、

「対策検討中」。

この期に及んで…。

問題発覚から随分と時間が経つのに…。

もし、本当にこの様な回答を寄せたのであれば、

これは、「対策予定なし」と読み取ってもいいかもしれませんね。

ほかにも大丈夫?と思える回答をしているディベロッパーがあります。

詳細は、書店などでご確認ください。

人気物件のスペック診断【D’グラフォート札幌ステーションタワー:その4(最終回)】 

ご覧いただき、ありがとうございます。

D’グラフォート札幌ステーションタワー 」のスペック診断の最終回です。

前回の診断をお読みいただいた方はお察しのことと思いますが、

ウェブサイト上で設備等に関する情報がほとんど公開されていません。

ですから非常に診断しにくいのですが、

とにかく最後までいきます。


■バスルーム
 ・バスタイプ     → 未確認
 ・浴室暖房換気乾燥機 → 未確認
 ・ユニットバスサイズ → 1418
 ・低床型ユニットバス → 未確認


<コメント>

確認できたのは、図面から読み取れたユニットバスサイズのみでした。

専有面積が60平米台の間取りでは1418よりも

小さいタイプを採用するケースがありますが、

本物件では標準サイズと言える1418を採用しています。

それ以外の3アイテムは、カタログなどでご確認ください。

ちなみにバスタイプというのは、

「フルオートバス」や「セミフルオートバス」であるか否か、

ということです。




■トイレ
 ・便器タイプ        → 未確認
 ・温水洗浄機能付き暖房便座 → 未確認
 ・施錠方式         → 未確認
 ・扉のアンダーカット    → 未確認


<コメント>

いずれもサイト上では、情報を見つけることができませんでした。

このうち、便器タイプについてはこちら にあります

大人のマンション購入計画(HP版)の記事をご覧ください。

施錠方式とは、トイレ内で緊急の事態が起こったとき、

外からも鍵を解錠できる仕組みになっているか、ということです。



■玄関
 ・玄関アルコーブ             → 有り
 ・耐震玄関ドア              → 有り
 ・玄関ドア:サムターン回し対策      → 有り
 ・玄関ドア:2ロック式           → 有り
 ・玄関ドアキー:リバーシブル&ディンプル → (?)
 ・インターホン              → モニター付。

<コメント>

玄関まわりの項目については、

他にくらべると情報がありますね。

玄関ドアキーについては

リバーシブルであるという表記はありますが、

文章中でもイメージ図からもディンプルキーとは

認めることができる説明がありませんでしたので、

(?)としました。

インターホンについてはモニターが付いてることはもはや当然ですが、

・モニターがカラーであること
・録画機能があること

も、カタログなのでご確認ください。



■その他
 ・バルコニーのスロップシンク → 未確認
 ・ネット環境         → 未確認
 ・24時間ゴミ出しスペース    → 有り

<コメント>
タワー型マンションですから、

低層タイプのマンションでは稀な

24時間ゴミ出しスペースを確保しているようです。

スロップシンクは、図面上に記載されていませんので、

設けていないのかもしれません。

ネット環境については説明がありませんでした。



<全体の感想>

越年でのスペック診断となり、

早く次の記事を、とご期待されていた方には、

大変失礼なこととなりました。

ごめんなさい。

物件のサイト上に掲載されている情報が少ないので、

なかなか踏み込んだ診断ができませんでしたが、

全体としては、買い手が見えるところに力を入れているなぁと言うのが

第一印象です。

ですから、構造や設備など見栄えはしないけど、

日々の暮らしにおける利便性や、

長期的視野に立ったときに耐久性などを大きく左右するところが

どのような仕様になっているのか、

カタログ等で確認する必要があります。

本来、こうした点こそが

マンション購入を計画されている方にとって

見極めにくいポイントなので、

このブログ上で診断したいところなのですが、

何度か申し上げているようにサイト上の情報が少なすぎます。


>にゃんちさん

何か疑問等がございましたら、

お気軽にお問い合わせくださいね。

できる範囲でお答えいたしますので。


次回のスペック診断では、

マインループ 」を取り上げる予定です。



【上記は2006年1月18日現在のWebサイトに掲載されている内容に基づきます。また、数値などは正確であるよう に努めていますが実際と異なる場合もあり得ますので、購入を判断される際には必ずご自身でご確認のうえ、ご自身の責任でご判断ください。万一、当ブログの 情報に基づいて何らかの不利益を被られても当方は一切の責任を負いません。】

トラックバック問題 

ここ数日、アダルト系のブログから執拗なまでの

トラックバックを受けるようになりました。

気づいたら削除するようにしていましたが、

いたちごっこ。

あまりにも酷く、アメブロもこうしたトラックバックに対して

根本的な対策をとっていないので

不本意ですがトラックバックを受け付けない設定とさせていただきました。

アメブロを利用している方で

アダルト系のトラックバックに悩んでいる方は多いようですね。

アメブロは決して使い勝手がいいとは言えませんので、

このトラックバック問題に対策をとらないようであれば、

他のサービスへの変更を真剣に考えるべき時なのかもしれません。


ちなみに、嵐のような降らせてくる輩は

IPから分析すると大阪から光回線でアクセスしているようです。




人気物件のスペック診断【D’グラフォート札幌ステーションタワー:その3】 

更新が滞ってしまい、本当に申し訳ありません。

お待たせいたしました。

D’グラフォート札幌ステーションタワー 」のスペック診断の3回目です。



■ 給水管はさや管ヘッダー工法? → 未確認

<コメント>
ウェブサイト上では確認できませんでしたので、

パンフレットなどでお確かめください。

設備類というのはその性能もさることながら、

メンテナンスのしやすさもチェックすべきポイントになります。

通常は、建物よりも設備の方が寿命が短いからです。

その点、メンテナンス性に優れたさや管ヘッダー工法は

ぜひとも採用してほしいアイテムです。

逆に言えば、さや管ヘッダー工法を採用しているか否か、

ディベロッパーの姿勢を判断するリトマス試験紙のひとつと

考えることも出来ます。

ディベロッパーがコストダウンを追求するあまり、

さや管ヘッダー工法よりもメンテナンス性において劣り、

価格が安いタイプを採用しているのであれば、

「客へのアピールポイントになりづらい

見えないところには金をかけない」

という方向性が透けて見えてくるからです。



■キッチン
 ・ディスポーザー   → 未確認
 ・浄水器       → 未確認
 ・バス給湯操作パネル → 未確認
 ・食器洗い乾燥機   → 未確認


<コメント>
残念ながら、ウェブサイト上に記載は見あたりませんでした。

いずれのアイテムも効率よく家事をこなすために

備わっていてほしいアイテムです。

北海道の水事情はよくわかりませんが、

首都圏などに比べるといやな臭い等がないのかもしれませんが、

マンションでは、戸建てと異なり水道局の管轄である

水道管から住戸内の蛇口までの距離が長いので

そこで水質が悪くなることがままあります。

ですから、浄水器もぜひ備わっていてほしいと思います。


■洗面室(パウダールーム)
 ・曇り止めヒーター内蔵洗面鏡 → 未確認
 ・洗濯機の目隠し扉       → 一部有り
 ・リネン庫          → 一部有り
 ・ヘルスメーター収納     → 未確認

<コメント>
洗面室についても設備類に関する説明がウェブサイト上で

ほとんどなされていません。

リネン庫については、掲載されている図面から読み取りました。

専有面積が50平米(C-1)、60平米(B-1)のタイプにはリネン庫が

見あたりませんでした。

この点は、ちょっと見劣りするなぁ、というのが正直な感想です。

洗濯機の目隠し扉は高級物件で採用されているアイテムですが、

図面上では60平米(B-1)、80平米(E-1)の間取りで確認できました。

サイトに紹介されている図面だけに限れば、

60平米の間取りにはリネン庫がなくて洗濯機の目隠し扉がある、

というのはアンバランスだと思います。

毎日の暮らしにおいてはリネン庫の方が有用性が高いでしょうから。

やはり見た目重視で設計されているのかもしれません。


(次回へ続きます)

【上記は2006年1月14日現在のWebサイトに掲載されている内容に基づきます。また、数値などは正確であるよう に努めていますが実際と異なる場合もあり得ますので、購入を判断される際には必ずご自身でご確認のうえ、ご自身の責任でご判断ください。万一、当ブログの 情報に基づいて何らかの不利益を被られても当方は一切の責任を負いません。】

もうしばらくお待ちください。 

ご覧いただき、ありがとうございます。

先日、「人気物件のスペック診断」の続きを

週内にアップしますとお伝えしましたが、

仕事・プライベートが年明け早々、超忙しモード。

もう少しお待ちいただけないでしょうか。

最新記事を読むために何度もお越しいただいた方、

ほんとうにごめんなさい。



新年のごあいさつ 

あけまして、おめでとうございます。

三が日は、いかがお過ごしでしたでしょうか。

首都圏では年明け早々、昨年末に吹き荒れた耐震構造偽装問題の嵐なんて

とうの昔に忘れてしまったかのように、

大型物件のCMが流れはじめています。

この問題を契機にマンション業界全体が消費者にとって

よい方向に向かってくれることに越したことはありませんが、

マンションだけに限らず、玉と石は混じり合っているのが世の常。

なんでもお上に頼るのではなく、

自分の判断で自分の責任で自分が望むマンションを購入したい、

という方にプラスになる情報を少しでもお伝えできればと思っています。

今年もよろしくお願いいたします。

(「人気物件のスペック診断」のつづきは、

今週中に記事をアップする予定ですので、

もうしばらくお待ちください)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。